0120-100-129
受付時間 平日 9:00〜18:00
                   

相手が不貞行為を認めていなかったにもかかわらず、受任後1週間内に交渉で慰謝料300万円を回収することに成功した事例

協議会社員慰謝料を求めた男性会社員本人の証言251万円〜300万円
                   

状況

妻が職場の上司と不倫していたことが判明しました。先日、相手方男性と直接話し合いをしたところ、相手方は不貞の事実を否定し、かつ慰謝料額についても折り合いがつきませんでした。私としては、せめて相場程度の額は支払ってほしいと思っています。

このような状況から、この方(夫)は「相手方男性からきちんと慰謝料をとりたい」という思いで、ご相談に来られました。

                   

活動

ご相談後、すぐさま相手方男性と接触を図り、交渉を開始しました。当初、相手方はやはり増額を拒んでおられましたが、最終的には300万円を支払うという内容で合意に至り、和解が成立しました。

                   

ポイント

一般に、不倫の慰謝料は150~200万円前後が相場とされています。もちろん、提訴すれば多少の増額は見込めるかもしれませんが、最低でも半年以上の期間を要することになり、また追加の弁護士費用等、余分な費用も発生しかねないため、同時に時間面・費用面での負担が増えることも予想されます。そのような中、交渉によって、300万円という相場以上の額をわずか1週間以内で回収することができたという点において、本件は大きな成果を上げることができた事案といえます。

ご相談・お問合せ

       

不倫慰謝料問題の解決のプロフェッショナルがあなたをサポート致します。
お気軽にご相談ください。

0120-100-129
           
メールでのお問合せ
           
LINEでのお問合せ